WEB CAMPAIN 店長おすすめSET 松屋珈琲店の歴史
ホーム コーヒー豆 重厚感重視
グアテマラ エルリバノ農園 :200g
コーヒーコンクール『ナショナル・ウィナー』の品!

エル・リバノ農園は、首都グアテマラシティの東部、
アンティグア地域を挟んだアカテナンゴ地域のラ・パンパ地区にあります。

現在は3代目のオーナーであるヘルベルト氏によって運営されています。
元々はラ・パンパ農園であったこの地は、3つの地区に分割され、その内の一つが『エル・リバノ』となりました。

1960年にウェットミルとドライミル(チェリーの果肉除去など)を新設し、
それにより高品質なコーヒーを精製できるようになりました。
充分な広さを持つ乾燥用のパティオの他にドライヤーも備え理想的な環境を実現しています。
また、社会的責任においても素晴らしい姿勢を示し、労働者のための住やプールなどの娯楽施設を作り、
また学校やカトリックの教会を建設し寄与しています。

グアテマラ エルリバノ農園 :200g
販売価格

1,470円(内税)

粉砕について
SOLD OUT